SELinuxのオフ

公開日 2015-01-14

最終更新日 2015-01-14

ZOMEKIのインストーラーを実行する前に、SELinuxがオフになっているかを確認してください。
CentOSをダウンロードしてインストールすると、SELinuxがオンになっています。

SELinuxがオンのままインストーラーを実行すると、Apacheの起動のところで次のようなエラーとなります。

# service httpd start
Starting httpd: httpd: Syntax error on line 221 of
/etc/httpd/conf/httpd.conf: Could not open configuration file
/etc/httpd/conf.d/zomeki.conf: Permission denied

SELinuxの設定を確認するには、次のコマンドを実行します。

# getenforce
Enforcing

SELinuxが有効な場合Enforcing が返ります。
Disabledだと、SELinuxは無効です。
Permissiveの場合は、警告が表示されますが、アクセス制御は行われていません。

次のコマンドでSELinuxを無効にします。

# /usr/sbin/setenforce 0

また再起動時に有効にならないように、次のファイルを編集します。

# vi /etc/sysconfig/selinux
--------------------------------------------------
SELINUX=disabled